PHOTO

HOME > PHOTO > Possessed_Slipon”1988”【アイテム詳細】アイコンであるSKATE RATが散りばめられた総柄スリッポン。80年代後半スケートボードマーケットには良質な総柄アイテムが沢山ありました。シャツ、ショーツそしてシューズ等、今でもリバイバルされたオマージュされている柄が沢山あるので一度は誰もがこの時代のスケートシーンから生まれたデザインを目にした事があるはずです。中でも1988年に某大手ブランドからリリースされた総柄のシューズは害虫(ハエ)を総柄にしたキャッチーではあれど当時のスケートボーダーの立ち位置を上手く表現した物でした。PSSESSED SHOEがリリースする総柄はブランドの象徴であるSKATE RATを全面に配置しました。一見可愛げな柄に仕上がってますが実際は、スケーターを街の害獣であるネズミに例え、ケージの中で永遠に回し車を回し続けるが如くスケートボードに乗り続けるといった意味がSKATE RATには込められています。30年経った今もスケートボーダーのアティテュードは変わらない。そんなシューズです。

Possessed_Slipon”1988”【アイテム詳細】アイコンであるSKATE RATが散りばめられた総柄スリッポン。80年代後半スケートボードマーケットには良質な総柄アイテムが沢山ありました。シャツ、ショーツそしてシューズ等、今でもリバイバルされたオマージュされている柄が沢山あるので一度は誰もがこの時代のスケートシーンから生まれたデザインを目にした事があるはずです。中でも1988年に某大手ブランドからリリースされた総柄のシューズは害虫(ハエ)を総柄にしたキャッチーではあれど当時のスケートボーダーの立ち位置を上手く表現した物でした。PSSESSED SHOEがリリースする総柄はブランドの象徴であるSKATE RATを全面に配置しました。一見可愛げな柄に仕上がってますが実際は、スケーターを街の害獣であるネズミに例え、ケージの中で永遠に回し車を回し続けるが如くスケートボードに乗り続けるといった意味がSKATE RATには込められています。30年経った今もスケートボーダーのアティテュードは変わらない。そんなシューズです。

by bridge on 2019.03.21

Possessed_Slipon”1988”【アイテム詳細】アイコンであるSKATE RATが散りばめられた総柄スリッポン。80年代後半スケートボードマーケットには良質な総柄アイテムが沢山ありました。シャツ、ショーツそしてシューズ等、今でもリバイバルされたオマージュされている柄が沢山あるので一度は誰もがこの時代のスケートシーンから生まれたデザインを目にした事があるはずです。中でも1988年に某大手ブランドからリリースされた総柄のシューズは害虫(ハエ)を総柄にしたキャッチーではあれど当時のスケートボーダーの立ち位置を上手く表現した物でした。PSSESSED SHOEがリリースする総柄はブランドの象徴であるSKATE RATを全面に配置しました。一見可愛げな柄に仕上がってますが実際は、スケーターを街の害獣であるネズミに例え、ケージの中で永遠に回し車を回し続けるが如くスケートボードに乗り続けるといった意味がSKATE RATには込められています。30年経った今もスケートボーダーのアティテュードは変わらない。そんなシューズです。


Category: